プラム四谷歯科クリニック
tel. 03-3355-3718





3Dスキャナーを用いた審美治療

これにより今まで苦しかった粘土のような型取りがなくなり、デジタル上で最終的なかぶせ物の形などを設計し、製作が可能です。










インプラント治療の際には、CT画像と口腔内スキャナーのデータをマッチングすることにより正確な位置にインプラントを植立するためのサージカルステントというものが製作が可能になります。

それにより今まで侵襲の大きかったオペが非常に簡単に安全に行えるようになります。



治療内容 左下のセラミック治療とインプラント
治療期間 2か月
費用

セラミック 7万円(税別)×2本
インプラント(最終の被せ物セラミック) 43万円(税別)

リスク 定期的なメインテナンスにより噛み合わせの調節を行わないとセラミックのチッピングなどのリスクがあります




初診時




オーラルスキャン

従来の粘土のような型取りの材料を用いずに、小さなカメラで口の中を撮影することにより精密な型を取ることができます





インプラントset




セラミックインレーset




最終補綴




理念
理念

スタッフ紹介
学会レポート
スタッフ日記
スタッフ日記


〒160-0004 東京都新宿区四谷2-4-1 ACN四谷ビル1階
tel. 03-3355-3718


(c) 2012 Plum Yotsuya Dental Clinic Shinjuku All Rights Reserved