プラム四谷歯科クリニック
tel. 03-3355-3718







歯を削るときなどに飛び散る雑菌を吸い込む口腔外バキュームを導入しています。



デジタルCT撮影装置

●CTの重要性・必要性
<より正確な診断と、より安全な治療をするために>

従来のX線写真は2次元的な平面での診断しかできませんが、歯科用CTスキャンでは3次元の立体画像でのレベル
に変わるので、より多くの情報が得られます。

○CTスキャン見えなかったものが見える
一般のレントゲンで見えなかった部分が容易に確認できるようになりました。顎の内部構造なども、リアルに見えます。

○わからなかったことがわかる
顎や歯だけでなく、上顎洞(鼻の奥)の形態や粘膜の状態、病巣などを立体画像で確認できます。

○治療の安全性が広がる
インプラントだけでなく、矯正や根管治療、親知らずなど、幅広く歯科治療に応用することができ、正確な審査・診断により、治療の安全性を高めます。歯科用CTスキャンは、以下にあげるような歯科治療において大きな役割をはたして
います。

○CTのメリット
・撮影から診断までその場で即日で行える
 (多施設では最低1週間かかります)
・被曝線量が医科用の1/8(歯科用パノラマ4枚分)と低水準
・撮影料金が非常に安い
 (大学病院や総合病院より低価格でCT撮影ができます。)









3Dスキャナーを用いた審美治療
苦しくない歯型取り

これにより今まで苦しかった粘土のような型取りがなくなり、デジタル上で最終的なかぶせ物の形などを設計し、製作が可能です。

デジタル歯科治療 詳細





インプラント治療の際には、CT画像と口腔内スキャナーのデータをマッチングすることにより正確な位置にインプラントを植立するためのサージカルステントというものが製作が可能になります。

それにより今まで侵襲の大きかったオペが非常に簡単に安全に行えるようになります。

デジタル歯科治療 詳細





理念
理念

スタッフ紹介
学会レポート
スタッフ日記
スタッフ日記


プラム四谷歯科クリニック
四谷インプラントセンター / 四谷歯周病治療センター
〒160-0004 東京都新宿区四谷2-4-1 ACN四谷ビル1階
tel. 03-3355-3718


(c) 2012 Plum Yotsuya Dental Clinic Shinjuku All Rights Reserved Powered by Alkjapan