インプラント治療

当クリニックのインプラント治療

インプラント

インプラント治療のインストラクターを行っている院長が、患者さまの目標をはじめ、希望するイメージや諸事情などをうかがった上で、まずは代替治療としての入れ歯、ブリッジとの違いなどを説明します。そしてインプラントがベストだと納得された場合に限り、本格的治療へと進みます。お口にあまりトラブルのないケースならばインプラント手術はスムーズですが、顎の骨が足りずに骨造成が必要だったり、抜歯後の歯茎の処理が不十分だったり、何か問題がある場合にこそ、当クリニック院長がより詳細に検査し、説明して、インプラント治療に踏み切ることになります。 しかも、インプラントは手術が済んでも、術後にしっかりしたアフターケアという治療が続きます。その後のメンテナンス(予防=セルフケアとチェック)が非常に重要で、継続的にクリーニングに通っていただくことが必須条件といえます。それを怠ると、せっかくのインプラントが無駄になってしまうこともあるからです。 インプラント手術およびその治療のあれこれについて不明な点がございましたら、どうぞお気軽に質問をお寄せください。まずは、インプラントを理解していただくことから始めましょう。

歯を補うための治療法「インプラント」

歯を失ったときの選択肢として

歯周病や重度の虫歯が原因で歯を失ってしまった場合、たとえ1本でも歯がなくなると、今までどおり食べ物を噛むことができなくなります。さらに、そのままの状態では歯が抜けた場所に隣り合わせた歯が傾いたり、噛み合わせが悪くなったり、歯茎が下がって老けた顔になったり、取り返しがつかないことになります。そこで失った歯を補う方法として、患者さまに「ブリッジ」「入れ歯(義歯)」「インプラント」のどれかを選択していただくことになります。

 

失った歯が1本だけの場合、「ブリッジ」を選択される方が多いですが、ブリッジをするためには、失った歯の両側にある健康な歯を削らなくてはなりません。失った歯1本を補うために別の2本の歯が犠牲になるというわけです。

 

一方、失った歯を補うオーソドックスな選択肢「入れ歯」は患者さまの決断を要します。さらに、入れ歯装着後も「合わない」「痛みや違和感がある」「うまく噛めない」など、患者さまを悩ませることも少なくありません。

 

そこで、当クリニックはブリッジや入れ歯(義歯)の選択に踏み切れない患者さまに「インプラント治療」をおすすめしています。かつてトラブルもあったインプラント治療は、医療技術の進歩に伴い、今や一般的な歯の治療になっています。当クリニックでは経験と実績を持つ国際口腔インプラント学会認定医が治療を担当いたしますので、安心しておまかせください。

「インプラント」治療とは?

「インプラント」治療とは?

歯を失った箇所の顎の骨に金属(主にチタン製)の人工歯根を埋め込み、そこに人工歯冠(主にセラミック製)をかぶせる治療法です。治療後は元々あった自分の歯のように噛むことができて、顎の骨がそれ以上痩せ細ることもなく、見た目も天然歯とほぼ変わらないことがメリットです。しかし、外科手術を伴うこと、治療期間が長くなる場合があること、自費治療なので高額になることなど、デメリットもあります。

 

当クリニックでは、年間70を超える手術件数をこなしています。当院の特徴は、スキャナーで読み取った口腔内の情報をコンピューターで解析し、特殊なガイドシステムによってインプラントを埋め込む場所や深さなどが示されることにより、正確で低侵襲(傷つけることや患者さまへの負担が少ない)な手術が実現できる点にあります。いままで、目視でインプラントを埋める歯茎を切開していたインプラント手術と比較すれば、その安全性は格段に向上しました。

インプラント治療のメリット

  • ブリッジのように健康なほかの歯を犠牲にしなくて済む
  • 入れ歯特有の違和感や痛みがない
  • 自分の歯と同じように噛むことができる
  • 人工歯とわからないほど、自然な歯に仕上がる

インプラント治療のデメリット

  • 保険適用外の自由診療のため、治療費が高額。また、術後の骨と人工歯根が結合するまで時間がかかるなど、治療期間が長い。治療終了後も定期的に歯のメンテナンスをする必要があり、そのすべての費用を考えるとかなりの金額になる
  • 重度の糖尿病や心臓病、肝臓疾患、高血圧症、免疫疾患などの持病がある場合、麻酔をできない、止血できないなどの理由で手術ができないことがある。また、顎の骨が壊死する可能性がある骨粗鬆症の薬を飲んでいる場合、手術が難しい
  • 治療後、患者さま自身の歯のお手入れ、通院によるメンテナンスを怠った場合、インプラント周囲炎(歯周病のようなもの)に感染するリスクがある。万が一、周囲炎に感染してしまった場合、できるだけ早い治療が必要になり、治療をせずに放置すると最悪の場合、インプラントが抜け落ちてしまうことも

静脈内鎮静法(点滴麻酔)について

当院では、自費となりますが、提携している麻酔科の先生をお呼びし麻酔を行います。

静脈内鎮静法(点滴麻酔)は、鎮静薬を静脈に点滴し半分眠っているような状態を作ることで感覚を鈍らせ、痛みへの不安や恐怖心を和らげる効果があります。

全身麻酔のように完全に意識がなくなる訳ではないので、呼びかけに応じらながら歯科治療を受けていただくことができます。

当院では日本歯科麻酔学会の静脈内鎮静法ガイドラインに沿った麻酔および処置を行っております。

インプラント治療動画

インプラント治療前と後

事前のCT検査が重要

インプラント治療は、ネジ状の人工歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込む外科手術から始まります。そのため、事前にCT検査を行い、顎の骨が薄くなっていないか、深さが十分足りているかどうかを確認しなくてはなりません。万が一、顎の骨の状態が手術にふさわしくない場合、治療はできなくなります。また、少しでも歯周病を疑う患者さまの場合は、歯周病を完治させ、口腔内が細菌感染していない状態を確認してからでないと手術はできません。

術後のケアも大切です

術後のケアも大切です

インプラントの手術そのものも大事ですが、実は術後のケアがもっと大切です。天然歯(自分の歯)とは異なり、インプラントの歯は虫歯になりませんが、天然歯にはある歯根膜がないため、細菌が入りやすく、感染して周囲炎(歯周病のようなもの)を起こしやすいのです。周囲炎になると、最悪の場合、骨が破壊され、インプラントがぐらぐらになってしまいます。

 

当クリニックでは周囲炎のリスクを避けるためにも、インプラント治療後、患者さまに3カ月に1回メンテナンス(歯科衛生士による歯のクリーニングとチェック)のための通院をしていただいております。

インプラント治療の流れ

01カウンセリング

カウンセリング

インプラントの治療について、当院のインプラント治療の特徴について、治療に要する期間と費用について、患者さまに詳しくご説明します。

02検査

検査

患者さまが治療内容を理解され、手術を希望されたら、問診を行い、レントゲンとCT撮影、口腔内スキャナによる型取りに入ります。

03治療計画立案

治療計画立案

問診と検査結果に問題がなければ、デジタルを使用しCT画像とスキャナの画像を元にインプラントのポジションのシミュレーションを行います。治療計画を立て、患者さまと手術の日程を決めます。

04インプラント手術

1回目の手術

通常、手術は1~2時間です。麻酔をかけてから、サージカルガイドを使用し顎の骨にインプラントを埋め込みます。当院では、術前の正確な診断により無駄に歯ぐきを切らず(フラップレス)に手術を行えるので、術中、術後の疼痛もかなり軽減されます。

05最終的な被せ物の歯型取り

インプラント

インプラント手術から1~3カ月後、インプラントと骨が結合したのを確認したら口腔内スキャナを使用して最終的な被せ物の型取りを行います。従来の粘土のような苦しい型取りの材料ではなくスキャナを使用することにより、楽に正確な型取りができます。

06人工歯の取り付け

人工歯の取り付け

人工歯を取り付け、噛み合わせを調整して治療は終了です。術後も通院をしていただきながら、経過観察をし、定期的なメンテナンス(3カ月に1回)に入ります。

術後の注意点

  • 麻酔が切れると痛みが出るので、痛み止めを飲む
  • 処方された抗生物質は必ず飲む
  • 刺激がある料理、熱いものを口にしない
  • アルコールは1週間くらい控える
  • 喫煙は2週間くらい控える
  • 歯の状態が落ち着くまで激しい運動をしない
  • 手術後の夜は入浴をしない

インプラントQ&A

Q. インプラント治療に年齢制限はありますか?
A.
若い人の場合、インプラントを埋め込む顎の骨の成長が完全に終っていれば、インプラント手術は可能です。逆に年齢を重ねた人の場合、持病の有無、服用する薬の種類などによって、手術そのものができない可能性もあります。
Q. インプラント治療に失敗もあるのでしょうか?
A.
インプラント治療に失敗のリスクは伴いますが、当クリニックは問診や検査の結果、問題がありそうな患者さまの手術は行いません。カウンセリングやCT検査を行い、CT画像に基づいたプランを立て手術を行いますので、ご安心ください。

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはお気軽に

新宿区四ツ谷駅徒歩5分、四谷三丁目駅徒歩8分。一般治療からインプラント、歯周病治療、口臭治療、矯正歯科治療を重点的に学んでまいりました。地域に根ざしたホームドクターとして、みなさまが生涯健康な歯で笑顔の絶えない生活がおくれますよう精一杯お手伝いさせていただきます。

[診療時間]10:00-13:30 14:30-19:00
※木・土は隔週休、土は17:00まで 日・祝日休診